上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
CIMG1445.jpg

一度は走って見たかった峠の麦草峠!
グランフォンド八ヶ岳の前日に走りにいくことに
清里から141号を走って299号メルヘン街道へ
あいにく標高1500を超えたあたりから小雨が降ったけど
なかなか楽しかった!来シーズンはいきまっせ!

鉄道最高地点
CIMG1437.jpg

八千穂高原
CIMG1440.jpg

他のチーム員の方のブログで見たな~っと
高級牛串 中津川インターだっけな
BVxc9Q1CUAAnc98.jpg

ソフトクリーム乱れ食い!

温泉寮ソフトクリーム
IMAG1655.jpg

八ヶ岳ブルーベリーソフト
CIMG1441.jpg

栗ソフト
IMAG1641.jpg

パンプキンソフト
IMAG1645.jpg

りんごチーズソフト
IMAG1646.jpg

信玄ソフト
IMAG1649.jpg

宴会会場
CIMG1449.jpg

八ヶ岳地ビール
CIMG1454.jpg

自転車好きにはたまらんで
CIMG1450.jpg

ロードバイクの横にビールの樽やで!
最高やで!
CIMG1457.jpg


料理も最高でした!
CIMG1451.jpg
CIMG1452.jpg

参加賞ももらったし
明日も走ろう
CIMG1458.jpg
2013.10.05 Sat l レース l コメント (0) トラックバック (0) l top
去年は残念ながら台風で中止になったレース
エントリーはしてたんだけどね~
一応激坂区間賞なんてものをゲットした身としてはなんとしてもチャンピオンジャージをゲットしたい!
っと思って挑みました!

結果は残念ながらクラス別では優勝
総合では4位とジャージゲットならずでした!
やっぱりインターバルの弱さが露呈した結果となった
とりあえず覚えているうちにレポしとく

アップは30分
2回ほど心拍を170近くまであげておいた
IMAG1564.jpg

天気は最高であった
IMAG1565.jpg

ほどなくしてスタートラインに並ぶ
10時スタートということだったけど
全員の整列が早いということで9時55分スタートに変更
その前に前回の若杉のチャンピオンいてまーすって紹介されてめちゃ恥ずかしかった

2.5キロまで10%フラット、そっから1キロ下り
んで7キロちょいまで10%から15%がずーーーーっと続く
正直辻堂よりはるかにキツイ!
7キロからは緩坂と下りのインターバル、ココが苦手なんよな

1.5キロくらいまでは同じクラスの人とランデブー
そっからはずーーっと一人旅だったような気がする

少し言い訳をするならアウターに一度も変則しなかった
直前に105のクランクに変更してQファクターが広くなったのが原因か
まぁそれでもトップとの1分30以上の差はうまらなかっただろうけど
さすがに乗鞍のチャンピオンクラスの人は早かったわ
相変わらずチャンピオンになる人は謙虚な人が多いね
色々と教えていただいてありいがとうございました!

頂上ではピオーネを振舞っていただいた!ありがとうございます!
IMAG1569.jpg

チャンピオンのバイク
軽量化にあまり拘らずに乗り込まれている感じがすごい
IMAG1570.jpg

これを手に入れたかった!
IMAG1573.jpg

下山したら豚汁にクッキーにパン!ありがとうございます!
IMAG1571.jpg


次回は必ずリベンジで!
BVTWZXpCcAAp_YR.jpg

参加賞に景品など、ありがとうございます!
IMAG1594.jpg

なかなかええデザインのジャージやで
親父より年上ですな
IMAG1586.jpg

【アフターは当分レースないんで食いまくっておいた】
IMAG1588.jpg
IMAG1589.jpg
IMAG1590.jpg
IMAG1591.jpg
IMAG1592.jpg
IMAG1593.jpg

ご一緒させていだいた
jinjinさん、kurubiさん、trekyさん、ありがとうございました!

こんな素晴らしい大会を開催していただきました西粟倉村の皆さん
ありがとうございました!
ほんまええ大会やと思います
2013.09.29 Sun l レース l コメント (2) トラックバック (0) l top
o0500037512677708387.jpg
自分がヒルクライムという競技に興味をもって
憧れだった吉野杉の盾を手に入れることができました!
結果としては、一般総合優勝1時間13分36秒、激坂区間賞3位でした!
こんな素晴らしい大会を開催していただきました上北山村の皆さん本当にありがとうございました!最高の時間を過ごすことができました!
ここまで強くなれたのはチームサカタニ皆さんのおかげです、辛くも楽しい朝練があってのものだと思います

そしてアカーチャン、オトーチャンありがとうございます!

CIMG1359.jpg
CIMG1356.jpg
CIMG1358.jpg

前日 起床時61キロ

カロリーはおおよそ
リカバリローラー1時間  -300kcal
朝食さつまいも120g150kcal 卵1個80kcal  無脂肪乳300ml
昼食ドリア キャラメル 700kcal コントレックス500ml
夜 バナナ5本400kcal カロリーメイト2本200kcal スポーツようかん200kcal ハニースティンガーワッフル4枚640kcal プロテインバー2本300kcal

レース当日に少しでも筋肉を回復させるために炭水化物中心で食べるつもりが
実際は軽くてエネルギーの高いものを夜に選んでしまったために
結果的に脂質が多くなってしまっていたな、これが走ってる間の脇腹痛の原因かもしれない
ただ僕は糖質を多くとればすぐに筋疲労がとれることは今までで経験済み

当日 2時半起床

起床時61.5キロ

起きてすぐにカフェイン100mg錠剤で摂取
ハニースティンガーワッフル3枚 480kcal
カロリーメイト2本 200kcal
トップスピード スズメバチエキス 20kcal
メイタン・トップコンディション 8kcal

3時に自宅出発

4時半会場到着

すぐに
メイタンサイクルチャージ黒 100kcal
ハニースティンガーワッフル2枚 320kcal

アップ20分 負荷最小で2回心拍170まで上げた

経口補水液200ml摂取して
ザバスピットインピーチ170kcal

レース開始
今回はサカタニに所属しているのもあり、あまり緊張せずにスタートを切ることができた
体調、体重はばっちり整えてきたので結果がどうでもあれ後悔はないと思っていた

まず最初の平坦区間

第一グループの二列目からスタート
前には同じチームの師匠が見えた
5人ほどの集団40キロほどの列車で巡航
苦手な平坦区間ながら去年よりゆっくりだったらしけど
千切れたりもしながら必死で食らいついていった
途中落車があった、自分の手前で発生しチーム員が滑っていくのを見てしまった
正直怖かった、でもここで止まるよりチーム員の分まで走ろうと思った
あとで分かったことだけど怪我は軽傷でゴールしていたので本当に良かった

6キロ過ぎたくらいかな
また千切れてしまっているところで
レッドさんが集団につかないと損やぞー!
っとカツを入れてくれて集中力が戻った
元気な声で右通りまーす!っと言いながら華麗に飛ばしていた
それに続き僕も声を出すのは苦手だけど通りまーす!っと威勢よく走行
こういうときにチーム員がいるのはありがたい
大台のスタート方式が年齢別でないので普段一緒に
走ることができない人と走れるのはいいですよね

ほどなくして小処温泉の看板が見えてくる
緩やかに登りの開始である
ここでレジェンド島田さんを発見
すぐにインナーに切り替えた
周りには梵天さん、ハッピィさん、レッドさんがいたように思う
インナーで回しながらMTBの人たちを避けながら激坂区間開始まで耐える

そして激坂区間開始の看板が見えた
真っ赤だったので非常に分かりやすかった
最初のヘアピンはダンシングで通過

激坂区間に入って、最初はチーム員と一緒に走れていたように思うけど
気づいたら一人旅になっていた
そして右脇腹がキリキリ痛みだした
どうやらシッティング姿勢をとると痛むようだ
ここでダンシングに切り替えることにした
途中同じペースで登っている人がいた
少し話を伺うと福岡から来た人らしい
試走もしてないのでペース配分が分からんので飛ばしてるだけです
っと本人は言ってたけど、実際めっちゃええペースやった
この人が前にいてくれたら助かるなと思いつつ淡々とダンシングにて辻堂をこなす
しかしこの福岡の方も失速していってまた一人旅になった
一人旅はさみしいので知ってる人には全部声をかけた
大台の一人旅はけっこうつらかったな

とにかく21Tでダンシング
シッティングなら23Tだけは守るようにした
それなら失速はないと考えていた
精神的に千切れそうになるが淡々とこなす
機械のようにひたすら淡々とこなす
アウターに入れて加速できる場所は全部
覚えていたので、その前はできるだけ必死になって足を使った、そして少しでも足を休めつつも加速した
第一給水ポイントに到着
水分も控えめにきていたので
アミノバリューを飲み干した
そこからも淡々とこなす

すると見えてきた辻堂分岐までの下り区間
アウターにいれて加速
そしてコンクリの最後の激坂を念のためインナーに落として通過する、試走時アウターでごり押ししていた
村の人の応援が暖かかった
大声で僕はありがとうございますと叫んだ
そしてこの時点でサイコンタイムは49分ちょいと自分でもビックリしていた

相変わらずDWも一人旅
ここもコースレイアウトは頭に入れていたので淡々と加速できる場所はアウターで加速
共闘体制を取りたいところだったけど、同じペースで走るような選手は見つからず
しかし!ここで幸運発生!
チーム員の河合さんを見つけることができた
たしか6.7キロの下り区間の手前だったように思う
下りを二人でこなした、最高時速は60キロ出ていたようだ
そこからの平坦区間を河合さんに引いてもらった、あとで分かったことですが、2位の選手とは3秒差だったので、ここで河合さんに出会わなければ間違いなく優勝はなかったと思っています
本当にありがとうございます!!
そこからも河合さんと一緒に残り2キロ地点くらいまで進んだように思う
パイロンが見えてきた、最後の緩い登りを残っている力を振り絞った、もう終わるのだ

ゴールラインが見えた!もちろん通過した
サイコンの停止ボタンを押した1時間13分33秒!心の中でガッツポーズをした!
今回ほど大台の頂上についた瞬間が気持ちよいと感じたことはなかったと思う

この瞬間は優勝を確信していたのですが、他にも早い選手がいると聞いてその方にタイムを伺うと13分とのことで急に不安になりました
でもまー出しきれたので後悔はないと思って、サカタニ恒例の山頂パーティーでお菓子を食べまくって最高に気持ち良い時間を過ごした

(優勝の商品です)
CIMG1354.jpg
(激坂区間の商品です)
CIMG1355.jpg
CIMG1360.jpg
(ジャンケン大会の景品です)
2013.09.10 Tue l レース l コメント (2) トラックバック (0) l top
CIMG1361.jpg

あんまり自転車にはこだわりません
頑丈でそこそこ軽かったらええかっという感じです
とかいいつつ、105のコンポが余っているので
新車が来たらcaad10に移植して余ったsram redで中華カーボンフレームで
登り専用の5キロ台マシンでも作ってみたろかとちょっと考えてたりします
最近工作してなかったので

おそらくcaad10で出場する最後のレースなので
機材の紹介です

フレーム:caad10
コンポ :sram red (フロントディレイラーforce)
ステム :FSA SL-K 100m
ハンドル:cannondale純正44cm
シート :3T
サドル :fizik arione
ホイール:中華カーボン前後950g
タイヤ :tufo elite jet 160g
スプロケ:sram force 12-26T

本人は身長173cmの短足です、股下?知りません
パワーメーターはhollowgram用のquarqを使ってます
クランク長は170m
ペダルはスピードプレイのステンレス、チタン高いし
ブレーキシューはコルクが良いらしいですが
スイスストップの黄色を使ってます
下山に関してはまったく中華カーボンを信用していないので
前後ともに練習用ホイールに変えて下山しました
ちなみに練習はレーシング7やR500のみです
それ以外は壊れたら嫌なので使う予定はありません
あとレースの時にいつもの重量の半分近いホイールを使用することで
感動できるのもありますかね
CIMG1362.jpg
2013.09.10 Tue l レース l コメント (0) トラックバック (0) l top
梵天○さん優勝おめでとうございます!
皆さん励ましていただきありがとうございました!
仲間がいるって素晴らしいですね!


レースの疲労か、さしぶりに車を運転した疲労か
レース後帰宅して夕方5時から4時まで爆睡・・・
早起きして自転車乗るのは楽しいんですが
早起きして車の運転はしんどいですね

で、当日

前日身体が浮腫むまで食って飲みまくってしまった・・
アチャー!ダイエットが水の泡ですわー
まぁ、悔やんでもしょうがない
テーパリングの難しさを実感

しっかし、整備不良やら
前日の食いすぎやら
色々と課題の残るレースとなった

結果は4位でした、表彰台には上がれず

それにしてもレースは楽しい!

大谷さん超かっこええがな
実業団レースまでは興味ないんですが
タイムトライアルええな
ヒルクラが登りを淡々と競うレースなら
TTは平坦を淡々と競うレースみたいなもんか
めっちゃすごい人やがなー
乗ってはるEVO NANOめっちゃええがなー
レース後の皆さん力を出し切って
気軽に色々な人と話をできるのもレースの醍醐味の一つですよね

素敵な写真ありがとうございます
記念にとっときます
e488d979.jpg
a01cce9a.jpg
サカタニポーズうまくなってきたか
次は表彰台でやってやるぞ!

レース3日前くらいまでは平坦を50キロくらいで流しておくほうがいいか。自分には
今までもレース前日まで通勤で50キロは乗ってましたし
まったく3日も自転車に乗らないと、身体がうずくし
今回は直前まで追い込みすぎたのかな、で、休脚を前日のみにした
ああ、調整はむずかしい

自転車の整備も反省点が多い
前日にカーボンホイールに代えて
もちろんブレーキシューも代えた
で、駐車場からの移動は問題なかったと思ったんだけど
レース中にブレーキのクリアランスがずれてて
異常にペダルが重いなって思って見たら
ブレーキ面にシューが摩ってた、ストップして直した
よく考えたら乗りながらキャリパーを開放すればタイムロスを防げたか
どうせリアブレーキなんざ、使わないし

っとまぁ、自分の詰めの甘さが原因です!
悔やんでも仕方ないし

気持ち切り替えて菰野に向かって走り出そう!
2013.03.24 Sun l レース l コメント (6) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。