上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
【FTP(Functional Threshold Power)】
自分の一時間の限界出力
20minTTとかでも測定できるけど
自分はレースの結果をグラフで集計して計算するのもありかと
MAPテストでかんたんにFTPを推定する方法
↑これええな

【LT(Lactate Threshold)】
乳酸が一気に上がる点
ただ乳酸は悪いさをしているだけではないらしい
最近の研究では疲労をとるとも
LT値を上げることが脚力強化
100wウォームアップ後
3min40wずつ負荷を上げる
パワーが維持できなくなった時点がピークパワー
乳酸カーブが1mmol上昇した点がLT値
だけど乳酸は採決せな測定できん

運動をする限りは有酸素で無酸素はないってどういうことやねん
読めば読むほど頭おかしくなるぞ

【vo2max】
最大酸素摂取量
成人までに決まるってほんまか
でもトレーニングでも上昇できるが
LTの天井がvo2max

【type1】
遅筋

【type2b】
速筋

【Type2a】
中間筋
速筋を中間筋に変化させることができる
やっぱ単純に遅筋と速筋のバランスは遺伝的か
これはサカタニの人の体格を見ていると分かる気がする
ただ中間筋は頑張れば増やせると、ふむふむ
エンデュランス競技には中間筋が一番良い?!

【Cardiovascular drift】
ローラー台で負荷一定でも心拍があがる、なぜか
血流を高めることで体温上昇を抑制するため
心拍を一定にトレーニングをしたければ
パワーを下げないといけない
それでは本末転倒、パワーを見よう
っといことは身体は冷やすほうがいいのか

スポンサーサイト
2013.03.29 Fri l パワトレ l コメント (5) トラックバック (0) l top

コメント

なんかいろいろ勉強してますね。
VO2maxは各個人で上限があるという説はありますが、成人するまでに決まるわけない。僕は41歳で27ml/min/kgやったのが、46歳で74になりました。
LTの定義はそうやないです。
まあ、いろいろ専門的な本を読んでください。ネット情報はガセだらけです。
練習量が同じなら、ヒルクライムは遅筋だらけの人が速いです。例えばカツさん。僕みたいな超瞬発系の速筋派は、練習してないとFTaがFTbにあっという間に逆戻り。
2013.03.29 Fri l レッド. URL l 編集
時間が余っているので読めていなかった本を読んでみたのです
調べていくと奥が深いと実感しました、ヒルクラや自転車関係の本だと内容が若干違っていたり、深くまで書かれていないですね、ただ自分が疑問に思っていたことは大方解決できたような気がします
VO2maxは個人で上限はあるのはありそうですね、TTのジュニア世界チャンピオンが18歳で97.5ml/kg/minっというのを見て驚愕しました、ただアマチュア領域では努力だけで向上させることができるように思います
練習量が同じということなら、遅筋系の人より多く練習すればよいということですね、頑張ります!
ところで自分の持った遺伝子タイプが調べれるというサイトを見つけました、http://www.sportsstyle.co.jp/ACTN3/index.html、どこまで信憑性があるのでしょうかね、これをやるなら自分のvo2maxを測定した方が有益かもしれませんが、面白そうですね
2013.03.30 Sat l タケ. URL l 編集
タケちゃん、ありがとう!
この遺伝子、前から調べたかったんよ。自分が瞬発マッチョ系ってことを確認したいだけなんやけど。トレーニングに利用する気はありませんけど、早速申込みますわ~

肥満遺伝子は前に調べたことあるんですが、3つとも一番太りにくいタイプやったんですけど、それでも腹八分目食ってたら太るんですよね。
2013.03.30 Sat l レッド. URL l 編集
↑申込もうと思ったらサービス休止中って…
2013.03.30 Sat l レッド. URL l 編集
ありゃりゃ休止中でしたか、すみませんそこまで見てませんでした
他にも調べてみたらスポーツショップで調べてくれるところはあるみたいですが、関西からは遠いですね
興味あったのですが残念です
2013.03.30 Sat l タケ. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://tlog708.blog.fc2.com/tb.php/72-445c2e65
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。